目標に向かって

今日は
来月コンクールに
挑戦される生徒さんたちの
弾き合い会でした。

 

 

 

 

 

 

 

本番にむけて
モチベーションを上げ
演奏が安定したものに
していくのが
なかなか大変です。

 

まだまだ
課題はいっぱいですが
今日の弾き合い会が
お互いの演奏を聴き
刺激的な時間に
なればいいなと思います。

 

そして
いつも練習を
サポートくださる
保護者の皆様
ありがとうございます。

 

保護者の
ご協力無しでは
成し遂げられません。

 

お子さんたちが
ベストの状態で
本番を迎えられるよう
一緒に頑張っていきましょう!


ピアノのメンテナンス

今日は
ピアノの調律を
していただきました。

 

調律の後は
いつも
すっきり爽やな
音色になります。

                        

 

 

 

 

 

 

ピアノが上達するために
レッスン室の
環境設備は
とても重要です。

 

道具であるピアノは
生徒さんたちに
いつもベストな状態で
弾いてもらえるように
整えておきたいと思います。

 

調律したてのピアノって
ずっと弾いていたく
なるんだな〜♬


上達する子は自分で◯◯できる子

レッスンで
色々と改善点を
指摘して
あの手この手と
色んな手口を使って
伝えても

 

次のレッスンでは
元どおり・・・

 

指摘されたことも
記憶になかったり・・・

 

どう伝えたら
定着するのか
指導者として
悩みの種です。

 

最近
姿勢の惡い子が
多いです。

 

教室だよりでも
足台の必要性を
記載しておりますが

 

足台を置いていても
背中が丸い
ふにゃふにゃ
骨がないのか???
と思うような子も(笑)

 

先日のレッスンで
あることをすると
背筋がピン!
速攻で直りました。
音色もキラキラに
変わりました。

 

なぜできたのか?

それは
自分で
ちゃんと意識できたからなのです。

 

「すごいね〜
練習時間ゼロで
直るなんて
お得ー!!」

 

「魔法がかかったみたいやん!」

 

私の絶賛に
嬉しそうでした。

私もうれしかったです!

 

 

指導者が
口で伝え
楽譜に書き
何度も何度も
伝え続けても

 

自分で
自覚して
意識して直そうとする子は
確実に
上達していきます。

 

どうやったら
意識してもらえるか

 

生徒さんそれぞれ
ツボが違うので
Aちゃんに効き目があっても
Bちゃんにはイマイチ
ということもあります。

 

根気よく
ツボを探しながら
指導しております。

 

上達する子は
自分で意識できる子

 

今回は
何をしたか・・・
今日のレッスンでも
同じ症状の子に
試してみようと思います。
来月のお便りでも
姿勢について
もう少し書いてみようかな〜
お楽しみに〜♬


バスティンの新しいテキスト

昨日は
バスティンの
新しいテキスト
「オールインワン」の
セミナーへ
行ってきました。

 

このテキストは
昨年秋に
アメリカで発売され
今年の秋に
日本語版が出たばっかりの
テキストです。

 

 

 

 

 

 

 

右がアメリカ版
左が日本語版

 

講師は
いつもバスティン研究会で
お世話になっている
二本柳先生でした。

 

アメリカ版より
見やすく使いやすくなっていた
日本語版のテキスト

セミナーを聞きながら
どんな子に向いているかな〜
どう使っていこうかな〜

頭の中が
ぐるぐると
回っていました(笑)

 

レッスンでも
取り入れていこうと思います。

 

指導の引き出しが
増えました。