【10月】指導方法セミナーのお知らせ

指導者のためのセミナーの
お知らせです。

⚫︎10月5日(木)10:00〜12:00

 使用教材:バスティンピアノパーティB

 

 

 

 

 

 

⚫︎10月19日(木)10:00〜12:00

  使用教材:バスティンベーシックス1の後半 

 

 

 

 

 

 

 受講料:3000円
 場 所:最上ピアノ教室

 

スカイプ受講も可能です。
少人数体制で
先生方のご質問や
お悩みをお聞きしながら
じっくり、ゆっくりのペースで
進めています。

個別対応もしております。

お問い合わせ・お申し込みはコチラ
最上ピアノ教室
最上 惠利子まで

*****************
〜脳を育てる
0歳前からの音楽教室〜

最上ピアノ教室
音脳リトミック教室 きらきらぼし
講師 最上惠利子
*****************


コンクールから得たもの

昨日も
グレンツェンコンクールの
予選でした。

 

これで
予選はひとまず
一区切りです。

 

なかなか
1回の演奏では
思うように弾けず
悔しい思いをした人も
いましたが

 

どんな結果であれ
1曲を長期間
取り組むことで
質の高い演奏を目指し
得るのもは
たくさんあったと思います。

 

コンクールから
得るものは
結果だけではなく
粘り強く取り組むこと
諦めないこと
自分で考える力など
ピアノの演奏能力だけでなく
心の成長にも
つながったと思います。

 

そして
根気よく
サポートいただいた
保護者の皆様
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 


コンクールには◯◯◯がつきもの

昨日も
お教室の生徒さんが
グレンツェンコンクール
予選に挑戦されました。

結果は
通過された生徒さんと
残念ながら
通過できなかった生徒さんが
いました。

 

コンクールは
発表会とは違い
シビアに評価される場です。

通過する人もいれば
通過できない人もいて

 

コンクールには
リスクがつきものです。

 

 

よく保護者の方から
通過する可能性があるなら
挑戦させたいと
ご相談を受けますが

 

コンクールは
通過するためだけではなく
上達するために
ご利用くださいと
お話ししています。

 

簡単に
通過するものに
挑戦するのではなく
たとえ
通過できなかったとしても
今の時点より
コンクールを目指したことで
少しでも上達につながり
得るものがあれば
コンクールに挑戦した
価値があると思います。

 

たった1回の演奏で
力が発揮できないこともあります。

 

 

リスクがあっても
挑戦しないより
する方をお勧めします。

 

悔しい思いをすることも
経験の一つです。
大事なのは
そこから
何を学ぶかです。

 

人生は長いですから
色々あります。
思い通りにいかないことも
いっぱいあります。

 

転んでも
自分で起き上がる
強い精神力も
学んでほしいと思います。

 

どんな結果であれ
長い人生の
通過地点なのですから。


こだわりを持つ

昨日は
お教室の生徒さんが
グレンツェンコンクールに
挑戦されました。

 

小3の生徒さん1名と
幼児の生徒さん3名

 

そのうち
幼児3名の生徒さんは
コンクール初挑戦でした。

 

コンクールのレッスンになると
1曲を奥深く追求する
レッスンになります。

 

こだわりを持った演奏をする
ということが大事だと思います。

 

「もうこれでいい!」と
妥協や諦めることは
簡単であり
楽な道ですが

 

もっとこんな風に弾こう
こんな音を出そうと
意識を高く
こだわりを持つことが
上達につながります。

 

しかし
小さい生徒さんに
その意識を持ってもらうのは
なかなか難しいことです。

 

でも
小さいうちから
身につけてほしいことでもあります。

 

それは
保護者のご協力なしでは
成し遂げられません。

 

しっかり
こだわりを持って
頑張ってくれた生徒さんたち

みんな揃って
優秀賞をいただくことが
できました。

 

 

 

 

 

 

 

                       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おめでとうございます!