演奏が上手な子は◯◯している

レッスンをしていて
思うこと・・・

 

同じことを伝えても
すぐに改善して直る子と

 

いつまでも
同じことを言われる子

 

何が違うのでしょうか?

 

①わかっているが出来ない
②注意されたことを忘れている
③わかっているが直す意識がない
④何を言われているかわかっていない

 

①は発展途上中なので
その方向を向いていれば
上達につながります。

 

②の子も多いですね。
ただなんとなくレッスンを受けて
お家で何も意識せずに弾いている。

 

③も②と同じ
意識が薄い。
気付こうとする気持ちに欠けています。

 

④は大変!
どこを直すのか?
どうすればいいのか?
意識が薄いというのか
興味がないというのか・・・

 

問いかけても
返事が返ってこない
反応の薄い子に多いですね。
聞いているのか、いないのか?

 

ピアノを演奏するのに
目・・・楽譜を見る
耳・・・音を聞く
脳・・・考える
運動機能・・・指を動かす

 

それらの機能が
自分の意識のもとで
働かず

なんとなく
見えてる
聞こえてるなどの
受け身になっているのです。

 

自分から意識をする
考えるの

自立ができていないのです。

これは
ピアノに限らず
日常から
自分で考えて
行動するということに
慣れてないのではないでしょうか?

 

小さい時から
考えることに慣れていない。

 

指示をされないとできない
指示されなければ
機能停止

 

「だって、言われてないもん!」

言われていることだけでなく
言われる前に
自分で気づく
自分なりに考えて
工夫してみる

こういった
自立した意識を
持ってほしいなと思います。

 

自分で考えて
行動できることって
大切ですよね。

 

演奏が上手な子は
自立している。

 

自立は
生きていくのにも必要です。

 

*****************
〜脳を育てる
0歳前からの音楽教室〜

最上ピアノ教室
音脳リトミック教室 きらきらぼし
講師 最上惠利子
*****************