なぜ保護者懇談をするのか?

今週末から
始まります
保護者個人懇談

 

今までは
レッスン時間内だったので

 

保護者
生徒
指導者の
三者でしたが

 

今年は
レッスンとは別枠にし

 

保護者
指導者の
2者面談と
させていただきました。

 

ピアノという習い事は
お教室に通わせていれば
勝手に上達するものではありません。

 

保護者の意向が
ものすごく影響すると思います。

 

保護者が
どの温度で習わせたいのか?

 

習うのは
お子さんですが
親の意識の温度で
上達にも
影響があると思います。

 

そして
何より大切なのは

保護者と
指導者が
同じ方向を向いているということ

 

保護者と指導者で
力を合わせて
お子さんにとって
最善の方法を
共に考え
導いていきたいと
思っています。

 

ご家庭によって
お考えも様々だと思います。

 

お子さんの成長段階により
その時々で
状況も変わってくると思います。

 

懇談では
その辺りを
じっくりとお話を伺い
今年度のレッスンの指導方針を
その子に合った
最善策を考える
大切な時間にしたいと思っています。

 

大切なお話なので
メールやお電話ではなく
直接お会いして
お話をさせていただきたいのです。

 

お忙しい中
わざわざ
ご予定を調整していただいた
大切なお時間です。

 

有意義なものになるよう
大切に使わせていただきます。

 

どうぞ
よろしくお願いいたします。

 

*****************
〜脳を育てる
0歳前からの音楽教室〜

最上ピアノ教室
音脳リトミック教室 きらきらぼし
講師 最上惠利子
*****************


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です