楽譜を読み込む

ピアノを弾くのに
楽譜って
見ますよね?

 

その
「見る」
ということに
それぞれの
認識に
温度差があります。

 

レッスンをしていて
読み間違い
見間違い
見落とし
気づいていない・・・

 

「楽譜ちゃんと見てる?」
と聞くと
大抵の子は
「見てる!」
と言います。

 

見ているというのか
見えてるだけというのか・・・(笑)

 

きちんと読んで
これはどういう意味か
興味をもってこそ
頭に入ります。

 

興味のない子
多いです。

 

「これはどういう意味?」
「???」

 

わかってるのか
わかってないのかも
意識なし・・・(汗)

 

ただなんとなく
楽譜を見ているだけでは
見落としがいっぱい!

 

レッスンでは
弾く前に
楽譜に
カウントや音程
音楽記号のわからないことは
調べて書くように
伝えていますが

 

これがなかなか
子供達には
重要視されない。

 

おまけの宿題のようなものに
なっている。

 

それでも
毎回毎回
伝え続け
ひつこくひつこく(ここ大事!)
伝え続けるうちに

その子の意識が
自ら関心を持って
楽譜を見るようになった時

 

演奏が
変わってきた!

 

 IMG_4313


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です