その子に合った可能性を引き出すために

今日は
グレンツェンコンクール
本選の課題曲
公開レッスンで
お勉強してきました。

 

 

 

 

 

 

 

コンクールになると
ただ楽譜通りに
弾くだけではなく

 

曲のイメージを考え
どんな風に弾くのか
どう弾きたいのか

 

深いところまで
追求したレッスンになります。

 

答えは一つではなく
弾き手の生徒さんの
良いところを
引き出して
導いていくのは
どうしたらいいのか

 

いつも
悩むところです。

 

コンクールに出ることにより
生徒さんが育っていきますが
指導者の私も
共に勉強して
育てていただいています。

 

 

今日は
仲良くさせていただいている
北陸の先生と
ご一緒させていただき

意見交換もでき
色々教えていただき
学びの時間が
何倍にも膨らみました。

 

さあ
レッスンで
生徒さんたちに
どう指導していくか
その子に合った
可能性を引き伸ばすために

 

賞を取らせるだけの
コンクールにならないように
その子にとって
ステップアップになる
価値あるものになるように
指導できたらと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です