コンクールには◯◯◯がつきもの

昨日も
お教室の生徒さんが
グレンツェンコンクール
予選に挑戦されました。

結果は
通過された生徒さんと
残念ながら
通過できなかった生徒さんが
いました。

 

コンクールは
発表会とは違い
シビアに評価される場です。

通過する人もいれば
通過できない人もいて

 

コンクールには
リスクがつきものです。

 

 

よく保護者の方から
通過する可能性があるなら
挑戦させたいと
ご相談を受けますが

 

コンクールは
通過するためだけではなく
上達するために
ご利用くださいと
お話ししています。

 

簡単に
通過するものに
挑戦するのではなく
たとえ
通過できなかったとしても
今の時点より
コンクールを目指したことで
少しでも上達につながり
得るものがあれば
コンクールに挑戦した
価値があると思います。

 

たった1回の演奏で
力が発揮できないこともあります。

 

 

リスクがあっても
挑戦しないより
する方をお勧めします。

 

悔しい思いをすることも
経験の一つです。
大事なのは
そこから
何を学ぶかです。

 

人生は長いですから
色々あります。
思い通りにいかないことも
いっぱいあります。

 

転んでも
自分で起き上がる
強い精神力も
学んでほしいと思います。

 

どんな結果であれ
長い人生の
通過地点なのですから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です