コンクールに挑戦する意味は?

グレンツェン地区大会が
無事終了しました。

 

今回
お教室からは
9名の生徒さんが
挑戦されましたが

この日を迎えるまで
いばらの道でした。

 

「練習いやだー!」
モチベーションの上がらない人

3週間前の方が良い演奏だった人

突然弾けなくなった人

 

練習しすぎて
崩れてきた人

 

色んな症状が出てきて
前日、当日朝まで
突貫工事レッスンでした(笑)

 

でも
その甲斐あって
本番では
なんとか良い演奏になりました。

 

が・・・・

 

さらにさらに
上を目指すあまり
いただいた結果に満足できず
悔しい結果になった人もいました。

 

コンクールって
上を目指すことで
成長しますが

 

思う結果ではなくて
悲しい思いをする
リスクもあります。

 

リスクを恐れて
挑戦しないという
選択肢もありますが

 

私は
リスクを恐れずに
どんどん挑戦してほしいと思います。

 

思う結果が得られなくても
自分自身が成長できたらいいのです。

 

評価が全てではありません。

 

頑張って
今の自分より
少しでも成長することに
挑戦する意味があると思います。

 

今回も
それぞれが
色んな思いを経験しましたが
また一つ
成長できる機会になりました。

 

今日の結果
金賞 1名
優秀賞 3名
準優秀賞 1名
頑張りました賞 1名

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おめでとうございます!

 

何度も
行き詰まりながら
諦めず
共に闘い
支え続けてくださった
保護者の皆様
本当にありがとうございました。

 

*****************
〜脳を育てる
0歳前からの音楽教室〜

最上ピアノ教室 HP
音脳リトミック教室 きらきらぼしHP
講師 最上惠利子
*****************


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です