保護者懇談 心に残った一言

只今、保護者個人懇談中!

保護者と2者での時間
30分間

 

日頃なかなか
お話しできないことを
じっくりお話しでき
有意義な時間となっています。

 

中学生の保護者とのお話で
心に残った言葉があります。

 

小さい生徒さんが
発表会で毎年
ぐんぐん成長して
上達されていると
お褒めの言葉をいただきました。

 

「その成果は
やはり
保護者の方が
お子さんとに二人三脚で
頑張っておられるからですね〜」

「うちはもう中学生で
練習についてあげるなんてことは出来る
年齢ではなくなってきました。」

 

「小さいうちにもっと
共に頑張っていたら
今頃もっと成果が出ていたかも・・・」

 

いえいえ
今でも
十分お上手なんですよ。

 

でも
その時にしかできない
関わりを
もっとしておいたら良かったな
おっしゃっていました。

 

確かに
その時期にしかできない
関わり方があります。

 

特に小さい時は
保護者の存在は
大きいです。

 

体当たりで
向き合える時期は
思い切り
向き合ってほしいなと思います。

 

私自身も
子育てで
後悔していることが
たくさんあります。

 

その時は
気づかなかったことが
いっぱい

 

共感できた
お言葉でした。

 

いつも
ご協力いただいている
保護者の皆様に
感謝です。

 

*****************
〜脳を育てる
0歳前からの音楽教室〜

最上ピアノ教室HP
音脳リトミック教室 きらきらぼしHP
                      きらきらぼしブログ  
講師 最上惠利子
*****************


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です