リトミックってなあに?

リトミックとは・・・?

リトミックとは、“良いリズム”という意味で、スイスの作曲家で、
音楽教育家のエミール・ジャック=ダルクローズ博士(1865~1950)が
考案した音楽教育法です。

ダルクローズは、音楽教育において、楽器の演奏技術を習得する前に、
音を体で感じ取る音感教育が必要と考え、それをアラビア民族音楽の
リズムに触発されて発案したのが、リトミックです。

リトミックは、ソルフェージュ・リズム運動・即興演奏の三部門からなります。

音楽に合わせて体を動かすことによって、音楽をより深く感じ、表現できるようになり、音楽を聴く耳から、聴覚を鋭敏にする
効果が生まれます。

そして、身体運動を通して
集中力・反射性・敏捷性・想像力・思考性・協調性・創造力が育まれます。

リトミックは、体を使って心で感じ、心と体の発達・豊かな人間性を育てる、音楽による人間教育です。
優れた音楽家を育てるために考え出されたリトミックは、研究が進み、
幼児教育・音楽療法・リハビリテーション・教育の分野にまで広がっています。

 

リトミックの効果は・・・?

リトミックでは、楽器の演奏技術を習得する前に音楽センスを育むことを目指します。

リトミックから始めた子供たちは、楽器を演奏するために必要な、ビート感や拍子感を身につけていて、リズムを刻むことが意味する音楽のエネルギーや表情も把握できていて、さらに音楽のイメージやニュアンスの違いも直感的に理解できるほど内的に豊かに経験しているので、楽器を手にすると無理なく演奏が始められます。